コーチング

コーチングとは

 

人が成長し、幸せになるために効果的な関わり方です。

コーチングは、クライアント(コーチングを受ける人)とコーチ(コーチングをする人)が対等な立場で行う対話です。

コーチングのサイクル
 
 コーチングを受けることでクライアントは「気づき」や「発見」を得て、人生に「豊かさ」と「変化」をもたらすような「選択」と「行動」を繰り返します。

そうした選択と行動を通じてクライアント自身が成長し、困っていたことを解決したり、やりたいことを成し遂げたりするとともに、日々の幸せを感じるようになります。

コーチングは、それらを効果的にサポートするための関わり方であり、コーチはそうした効果を生み出す専門家です。


コーチングの効果

 
コーチングの効果

コーチングを受けることで得られる効果はクライアントによって異なりますが、例えばこうした効果を手に入れます。

自己成長
自己実現
自分らしさ、自己受容、自己肯定、自立性、自発性、モチベーション・意欲、チャレンジ精神、セルフマネジメント、しなやかさ、ストレス耐性、レジリエンス(困難な状況からも立ち直る力)、コミュニケーション、対人スキル、感情的知性・社会的知性、創造力、表現力、判断力、リーダーシップ、マネジメント力
目標達成
課題解決
人間関係、仕事、キャリア、自己啓発、スキルアップ、お金、時間、健康、生活環境、自己基盤
充実感
幸福感
やりたいことの発見・実践、自分らしさ・個性・多様性の尊重、自己実現、望ましい人間関係、感謝、思いやり、慈愛、前向きさ、楽観さ、充実感、安心感、穏やかさ


 


コーチングの特徴

 

答えはクライアントの中にある 行動と学習を繰り返す クライアントとコーチの関係に力がある
コーチから助言や指導を受けるのがコーチングではありません。

クライアントの創造力と才知、可能性を信じる人がいて、クライアントが「自分の中から答えを見出していく」のがコーチングです。

コーチはそうしたことが起こるように関わることのプロフェッショナルです。

コーチングは3ヶ月以上続けます。その間、コーチとの対話を通してクライアントは気づき、発見を得ていきます。

加えて、クライアントは自分で選択・決意し、物事を前に進めていきます。ときには失敗することもありますが、そこからも気づき、発見を得て、成長と次の行動に活かします。

こうした行動と学習を繰り返して効果を得ていきます。

コーチングは、クライアントやコーチが優秀だから効果があるわけではありません。

コーチとクライアントが、クライアントの意図に合わせて対等な協働関係を築くことで効果が得られます。

コーチとの意図的な協働関係があるからこそ、クライアントが自分一人だけでは得られない効果を得ていきます。


 


コーチの関わり方

 
コーチングではコーチは何するの?と知りたい方もいると思います。コーチングのなかで、コーチはクライアントに対してこうした関わり方をします。
 
コーチングでのコーチの関わり方
 

傾聴する

コーチングでは、コーチはクライアントの話に集中し、話を妨げることなく、気持ちも受け止めながら、出てくる言葉を善し悪しの評価判断なくしっかりと聴きます。クライアントにとっては、日常の中での会話とは違う、驚くほど心地よい体験でもあります。そして、傾聴されることは、クライアントにとっては、状況を整理し、自分を整え、物事を進めるきっかけにもなります。

著名な臨床心理学者のカール・ロジャース氏はこう言っています。

” 寄り添い、共感しながら、丁寧に話を聴いてもらうことは、とてもありがたいことだ。
誰かに聴いてもらうことで、解決しそうもない事が解決し、どうしようもなく混乱していたものが、比較的すっきりと整っていく。
誰かが私の話に耳を傾けて聴いてくれると、私は世界を新しくとらえ直し、前に進むことができるのだ。 ”

質問する

人は、質問をされると自然と答えを探そうとします。また、他人から投げかけられる質問は、自分では考えもしないところに意識を向けるきっかけとなります。

それはコーチングにおいても同じです。

クライアントの成長や幸せに向けて投げかけられるコーチからの質問は、クライアントが自分の内面の奥深くまで答えを探しに行ったり、違う角度から物事を見たりする機会になります。そうしたコーチからの質問は、クライアントの創造力や洞察力を刺激し、気づきや発見、新たな選択肢をもたらします。

反映する

ときとしてクライアントは、自分に起きていること、自分が言っていること、自分がしていることを把握し切れていないことがあります。

コーチングではそうしたクライアントに対して、コーチは評価や判断を交えずにクライアントに今何が起きているのかを言葉にしてクライアントに伝えます。

こうしたコーチからの反映によってクライアントは自分のことを自覚し、それがクライアントにとっての気づき発見、新たな選択肢を得るきっかけになります。

認知する

コーチはコーチングを通じて見えるクライアントの人となりをクライアントに伝えます。特にクライアントの強み、現れている大切な価値観、成長しつつある部分などを伝えます。

こうしたコーチからクライアントへの認知は、クライアントの前に進む力になったり、揺るぎない自信になったりします。そして、クライアントは更なる成長や望ましい変化を手に入れていくのです。

広くみる

人は誰しも自分が見ているものが全てだと思ったり、自分の思い込みを通して物事を見ていたりします。

クライアントがそうした状態にあるとき、第三者であるコーチからコーチングを受けることでクライアントは自分が置かれている状況を違った角度から見直す機会になります。

また、特定の状況に意識を向けているクライアントに対して、より短期的な視点、あるいはより長期的な視点を提供したり、頭で考えるだけではなく心への問いかけたりして、広くみる機会を作ります。

こうして広くみることによって、クライアントの創造力や洞察力を刺激し、気づきや発見、新たな選択肢をもたらします。

好奇心を向ける

もし、自分に対して興味関心を持ち、純粋な好奇心を向けてくれる人がいたとしたら、人はどう思うでしょうか。それは、嬉しくもあり、元気が出てくるような体験にもなります。

コーチングのなかで、コーチはクライアントに純粋な好奇心を向け、何を大切にしているのか、なにがそうさせているのか、本当は何を願っているのかなどの質問を投げかけます。

こうしたコーチの好奇心からくる質問は、クライアントが自分自身へも好奇心を向けるきっかけにもなり、クライアントを自己発見の旅、自己実現への道へといざないます。

信じる

コーチはクライアントの可能性を信じて関わります。

クライアントは気づくことができ、発見することができ、選択肢の中から自分で選ぶことができます。行動することができ、変化を起こすことができ、自分で自分の人生を創り上げることができます。ときには思ったようにいかないことがあってもやり直すことができ、失敗からも学ぶことができ、そして成長できると信じて関わります。

コーチングのなかでもクライアントが自分で答えを見出し、行動して変えていくことを信じ、ときにはクライアントを揺さぶりながら、クライアントが思っている以上に大きなクライアントを信じ、コーチはクライアントの可能性を引き出していきます。
 
 
こうしたコーチの関りが、クライアントの気づきや発見を引き出し、人生に豊かさと変化をもたらすような選択と行動を起こしていきます。
 
そして、クライアントの成長、目標達成・課題解決、幸せへとつながります。

それがコーチングの価値でもあります。
 


他の手法との違い

よくコーチングとコンサルティングやカウンセリングとの違いを聞かれることがあるので、こちらで簡単にご案内します。

こうしたいくつかの手法には優劣や善し悪しはなく、クライアントが必要としているもの、置かれている状況により適したものを選択するのがおすすめです。

また、それぞれの手法の良さを取り入れて自分のサービスに活かしているコーチ・コンサルタント・カウンセラーも多くいます。

コーチングとコンサルティングの比較

コーチング コンサルティング
目的 目標達成・課題解決にとどまらず、クライアントの自己成長・自己実現・しあわせ 目標達成・課題解決
成果に向けた取り組み クライアントが行う 基本はクライアントが行いますが、コンサルタントが手伝ったり、代行したりすることもある。
得られる成果 コーチングによるクライアントの気づき・発見・選択・行動次第によって変わる。 開始前に合意した成果。
専門家の役割 クライアントと対話し、クライアント自身による気づき・発見・選択と行動と変化を生み出す。 クライアントへヒアリングし、それに基づいて情報提供・分析・提案・実行支援などを行う。
専門家の技術・能力 傾聴、感情的知性、好奇心、クライアントの創造力・才知・可能性を信じる姿勢など 情報収集力、分析力、論理的思考力、専門知識など

コーチングとカウンセリングの比較

コーチング カウンセリング
目的 気づき・発見・選択に加え、行動して変化を創ること 心を整えること、精神疾患の治療
対話の内容 現在から未来が中心 過去から現在が中心


こんな風に生きたら、どんなに素晴らしいでしょう?

私のコーチングは、クライアントの奥底にあるこうした根源的な願いに沿いながら、クライアントの「気づき」や「発見」、人生に「豊かさ」と「変化」をもたらすような「選択」と「行動」をサポートします。

自分らしさ
充実感のある日々
自らの選択
主体的な行動
自分の気持ちを尊重
今に生きる
自分の信念や価値観、人生の目的を大切にし、制限的な自己認知を乗り越え、心や魂までもが喜ぶような生き生きとした感覚を持ちながら生きる。 「こうするしかない」「我慢するしかない」というような制限的な思い込みや物事の見方から抜け出し、自分次第で状況を変えられることを知り、主体的な選択と行動をする。 変えられない過去に縛られたり、不確定な未来への不安に囚われたりせずに、今を大切に生きていく。どのような気持ち・感情も尊重し、役立つエネルギーに変えていく。


 
 
もし、コーチングを受けることを通して、自己成長・自己実現、目標達成・課題解決、そして日々の充実感や幸福感を得ることに興味があり、そんな生き方を実現したいと思うときは、最初の一歩として無料体験コーチングを試してみませんか?
 

無料体験コーチングのお申し込み