チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム

私たちが未来の世代へ引き継いでいきたいのは、
すべての生命がつながり合い、調和して暮らす世界です。

「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」は、私たちが暮らす社会や地球環境の未来へ向けて、身近なところでできることを一人ひとりが深く考え、自分なりの答えを見つけるきっかけとなる参加体験型プログラムです。

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム 紹介映像

私も、このシンポジウムの目的に賛同し、NPO法人セブン・ジェネレーションズが主催するトレーニングを受けたファシリテーターの一人としてシンポジウムを開催しています。

「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」とは?

「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」は、私たちが暮らす社会や地球環境の未来へ向けて、身近なところでできることを一人ひとりが深く考え、自分なりの答えを見つけるきっかけとなる参加体験型プログラムです。

米国NPO組織 Pachamama Alliance(パチャママ・アライアンス)が、南米アマゾンで昔ながらの伝統的な暮らしを守り続けている原住民からの呼びかけに応える形で開発し、日本ではNPO法人セブン・ジェネレーションズが提供しています。

これまでに世界80カ国で22万人以上の人が参加し、日本でも3,400人以上の人が参加しているプログラムです。

「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」の目的

この地球上に生きるすべての人が、環境的に持続可能で、社会的に公正で、精神的にも充足した生き方を実現すること

「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」誕生の背景

地球温暖化を含む環境の破壊はとどまるところを知らず、貧富の格差はますます広がり、生きづらさから精神的に追い詰められていく人たちの数は洋の東西を問わず日に日に増えています。

限りない経済発展を目指すために引き起こされる環境の変化は世界各地に広がっています。その流れは、南米アマゾン流域で昔ながらの伝統的な暮らしを守り続けている先住民「アチュア族」の長老たちに強い危機感を抱かせます。そして、アチュア族は世界に向けて協力を呼び掛け、それに応える形で「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」は開発されました。

「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」開催情報

私がファシリテーターを務めるシンポジウムは次の日程で開催しています。

この他にも、NPO法人セブン・ジェネレーションズが主催するトレーニングを受けた多くのファシリテーターによって、全国各地で「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」が開催されています。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://changethedream.jp/schedule/index.html

関連リンク