癒されることのない渇き

レバノン出身の詩人であり、画家であり、彫刻家でもあるハリール・ジブランの詩集「預言者」にこんな一文がある。

Is not dread of thirst when your well is full, the thirst that is unquenchable?
水が溢れている井戸がありながら、なお渇くことを恐れているなら、その渇きは癒やされることはないのです。

“癒されることのない渇き” の続きを読む

じゃがいもの土寄せ

こどもの日の今日。

野菜を我が子のように育てています。

午前中は、ゴールデンウィークで帰省中の兄にも手伝ってもらい、3月末に植えたじゃがいもの土寄せ。

じゃがいもは日光に当たると、表面が緑色になり、ソラニンという毒素もできてしまいます。

そのため、じゃがいもが地表に出ないように、鍬や立ち鉋を使って茎の周りに土を寄せます。
じゃがいの土寄せ “じゃがいもの土寄せ” の続きを読む

いとこが集まって林の中でBBQ

今日は、毎年恒例の「いとこ会」

親戚一同が集まってのBBQです。

10年以上続いています。

親世代が5人くらい、僕ら世代のいとこが10人くらい、その子ども世代が10人くらいが

フレンドパークむかわのバーベキュー場に集まって、わいわいガヤガヤの3、4時間。
http://www.kaidouraku.net/

大人は肉や野菜を焼いて、飲んだり食べたり。

子どもたちは大人の手伝いとともにサッカーやバトミントン、魚のつかみ取り。

いとこの子どもたちの成長を感じながらの時間でした。

自然の中では大人も子どもも元気になるみたい。

来年もみんなが元気に集まれることを楽しみにしています。

ショーシャンクの空に

今日は映画「ショーシャンクの空に」を始めて観てきました。

1995年の公開作品で、有名な賞を受賞しているわけではないが、好きな映画ランキングで上位になる名作と聞いています。

僕がこの映画を観てみたいと思ったのは、お気に入りの本「出現する未来」にこんな一節があるからです。 “ショーシャンクの空に” の続きを読む

ふきが獲れ始めました

昨日は早朝に起きて、澄んだ空気と透き通った青い空の中、南アルプスの山々に見守られながらの作業です。
早朝の南アルプス

ここしばらくまとまった雨が降っていないので、せっかく植えた白菜が枯れてしまわないように、川から水を汲んで白菜に水やりです。

裏庭に自生しているふきもそろそろ食べ頃です。
裏庭のふき

少しだけ獲ってみましたが、滋味あふれる風味。

大地の恵みはありがたいですね^_^

大地の恵みをプレゼント☆

僕は昨年末に自然豊かな山梨にUターンしました。

故郷・山梨では、日本全国のお客様に対してコーチングという人を支援する活動をしながら、社会貢献活動や田畑を耕す田舎暮らしをしています。それは、自分も社会も地球も幸せになるライフワークであり、ライフスタイルだと思っています。

そして、自分自身が本当に望む生き方をする人が世の中にもっと増えていったらいいなとも思っています。
 
そんな生活を始めてそろそろ半年を迎える頃。クライアントとのコーチング期間が完了するとともに、自分が作った農作物が収穫でき始めてきた頃です。

大地の恵みをプレゼント

ちょうどいいタイミングなので、クライアント候補者をご紹介くださった方(紹介者)先着5名様に、我が家で手間暇かけて育てた農作物の詰め合わせをお贈りします。 “大地の恵みをプレゼント☆” の続きを読む

田んぼから埋蔵金が!

今日は半日ほどかけて、田んぼに肥料を撒いてトラクターで耕す作業。

肥料を撒い耕した田んぼ

ついでに石ころも拾い集め。石があると田植えの時に田植え機の邪魔になるのでね。

長年使っている田んぼですが、不思議と石が出てきます。
田んぼで拾った石

そんな中で見つけた埋蔵金!
田んぼから出てきた埋蔵金

10円ですが、ありがたく懐に納めました。
塵も積もれば山となりますからね。

そうそう、5日ほど前に苗を運び、水も入れた苗代。
田んぼの苗代

この中で苗は順調に、青々と育ってます。
苗代で育つ稲

再来週くらいには田植えかな。