南米・神秘の木のお茶「ワユサティー」

昨日から朝5時に起きて草取りをすることに決めた2日目。

なんとか起きて、草取りに行きました。

前日の雨で湿り気の多い畑の土。

ねじり鎌にまとわりつく土を何度もぬぐいながらの2時間でした。

そんな感じで始まった一日ですが、若干寝不足だったので何となく調子がいまいちな感じ。

そこで頂き物のワユサティーを飲んでみました。

南米・エクアドル、アマゾン熱帯雨林に住む先住民族に伝わる、神秘の木から採取した葉で作られたお茶です。

インターネットで「ワユサティー」と検索すると、ハリウッドのセレブたちも飲んでいるような記事も出てきますが、山梨の一般市民のワタクシも頂きます。

エクアドルの先住民族の中には、毎朝このワユサティーを飲みながら昨晩みた夢を家族で伝え合うような風習や、

意見が異なる時にはこのワユサティーを飲みながらじっくりお互いの話に耳を傾ける風習もあるそうです。

ワユサティーは、飲んだ人に元気をくれるだけでなく、人と人との間にも温かさをもたらしてくれるようです。

▼ ワユサティーを飲む風習は、こちらの映像でも紹介されています。

アチュアルの夢 DVD

そんなワユサティーに元気をもらった一日は、コーチングで始まり、中梅の収穫と梅漬作りを経て、コーチングで終わりました。

梅も元気をくれるので、梅漬を食べたり、梅酢ドリンクを飲める日を楽しみに待ってます。