自己実現へのモチベーションを保ち続けるには

目標を達成したい、スキルアップしたい、人間的に成長したい、自分らしさ、自分だけの人生といった自己実現への希望を持つ人は多くいます。

一方で、全ての人が自己実現を果たすとは限りません。

本当の自分に向かっている過程は、つらく苦しいときもあります。
出口の見えないトンネルのように思えるときもあります。
自分の成長が感じられないときもあります。

そんな中で、自己実現に向けてどのように自分のモチベーションを保ち続けるのがいいのか。

それについてご案内していきます。

成長への階段

人は常に自分の成長を感じられるわけではありません。

人の成長は、真っ直ぐな上り坂ではなく、階段状に起きていきます。

何の成長も感じられないときをしばらく過ごし、あるとき突然に今までできていなかったことができるようになります。

それはまるで一つ階段を上るようなもの。

自転車に乗れるようになるなったとき、鉄棒の逆上がりができるようになったときのように何かコツをつかむような感覚のときもあります。

アハ体験と思えるときもあります。

そんな階段を上り続けて人は成長し、自己実現を果たしていきます。

そして、その一つ一つの階段ももうちょっと細かな次の4つの段階に分けられます。

(1)意識してもいないし、できてもいない。
(2)意識はしているが、できていない。
(3)意識すればできる。
(4)意識しなくてもできる。

例えば英語。

ふだん日本で生活していれば、ほとんどの人は英語を使わなくてもいいでしょう。そうした人は、英語を使おうとは思わないし、学校で習っただけの経験ではできない人がほとんどでしょう。

これが「(1)意識してもいないし、できてもいない。」の段階ですね。

それがあるとき、「自己啓発のために英語を勉強しよう」と思ったり、「英語が求められる外資系企業に転職したい」と思ったり、あるいは職場の事情で英語が求められたりして、英語を話せるようになろうと勉強し始めます。

勉強を始めるものの、最初は単語も知らない、文法もわからない、発音がイマイチで言っても伝わらない、相手の話も聞き取れないといった状況で、なかなか英語は使えないでしょう。

これが「(2)意識はしているが、できていない。」の段階ですね。

そして、この(2)の段階にいる中で、努力し、練習し、失敗しながら学び続けると、単語もなんとか出てくるようになり、考えながら単語をつなげて正しい文法で話せるようになり、少しづつ言ってることが伝わり、相手の言っていることもなんとか頑張って聞き取れるようになるでしょう。

これが「(3)意識すればできる。」の段階ですね。

この(2)(3)は行きつ戻りつしながらの段階で、特につらく苦しかったり、出口の見えない長いトンネルのように感じたり、自分は向いていないのかなと思えたりする段階ですね。

モチベーションを保ち続けるのも難しい段階です。

そして、その(2)、(3)の段階でもモチベーションを保ち続け、英語と向き合い続けていると、あるとき、自然と口から英語が出てきたり、英語がスッと聞き取れたりします。

これが「(4)意識しなくてもできる。」の段階ですね。

この4つの段階を経て、人は英語が話せるようになる、という一つの階段を上ります。

実際には、この次には流暢な英語を話すという階段、ネイティブレベルで英語を話すという階段が続いていきます。

この階段を一つ一つ上っていくことが成長ですね。

続いていく階段、上り続けるにはモチベーションを保ち続けることが大切ですね。

(続く)

生きづらさの克服:思い込みをしないこと

前回までの記事でお伝えしたように、私たちは教育やしつけ、これまでの経験によって人それぞれに物事の見方を作り上げ、それによる夢の中に生きています。

私たちは、その夢の中で見たものを真実として受け取り、そういうものだと思い込みをする傾向があります。

この思い込みは、個人的に受け取ることともに生きづらさの原因となります。

今回の記事では生きづらさを克服するために、思い込みをしないことをお伝えします。 “生きづらさの克服:思い込みをしないこと” の続きを読む

生きづらさの原因:自分事に受け取ること

前回までの記事でお伝えしたように、私たちは教育やしつけ、これまでの経験によって人それぞれに物事の見方を作り上げ、それによる夢の中に生きています。

その夢の中では、物事を個人的に受け取るようにしつけられていることが多くあります。

これは物事を自分の力で変えていくために、とても役に立つ考え方です。

その半面で、個人的に受け取ることによって自分自身を苦しめることにもなります。生きづらさを生み出す原因にもなりかねます。

今回の記事では生きづらさの原因という観点から「個人的に受け取ること」についてお伝えします。 “生きづらさの原因:自分事に受け取ること” の続きを読む

より良い社会を願う仲間とつながる「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」(2018年1月)

つながりと充足感から世界を創る

私たちは、先人たちの多大な努力と創意工夫により、とても便利で、豊かなモノに囲まれた、とてもありがたい時代に生きています。

その一方で、次のような現実も起きています。

  • 多くのモノ・資源・エネルギーを消費し、環境に過度に負担をかけている。
  • 一部の人に有利な社会であり、様々な格差が広がっている。
  • 人、社会、自然とのつながりが薄れ、精神的な負担が増えている。

“より良い社会を願う仲間とつながる「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」(2018年1月)” の続きを読む

ちょっと一休み

雨が多かった今週。新米の出荷が終わり、ちょっと一休みの週でした。

あちこち草取りをしたいところはありますが、雨で先送り。

雨の合間になす、かぼちゃ、ブロッコリーを収穫したくらい。

思えば稲刈りが始まってから籾摺りが終わるまでのこの1ヶ月間、かなり農作業中心の生活でした。 “ちょっと一休み” の続きを読む

生きづらさから脱却する言葉の力

前回の記事では、私たちが見ている現実が、実は自分だけの夢であるということ。

その夢の中で生きているときに、生まれてから現在までに社会によって自分の内面に作られてきた規則が私たちの内面の自由を妨げ、生きづらさを感じさせていることを書きました。

今回の記事では、そうした生きづらさから脱却するために役立つ言葉の使い方を紹介します。 “生きづらさから脱却する言葉の力” の続きを読む

米作りはほぼ終了

今週は半年かけた米作りがほぼ終了しました!

祝日の月曜日に稲こき(脱穀)を終え、翌日は田んぼのウシ(稲を干す場所)や稲こき後の藁を片付け、この週末に籾摺り(もみすり)を終え、籾摺り後の玄米もサイロに入れました。

あとは、明日、JAに出荷用のお米を渡し、田んぼを鋤くだけです。

家族総出で行うような米作りの作業は終わりました。お疲れさまでした。よかったー^_^ “米作りはほぼ終了” の続きを読む

私たちは今すぐに進化しなければならない

「私たちは今すぐに進化しなければならない」

これはニュー・アースという本の第一章に書かれていることです。

隔週くらいの頻度でこの本の読書会を行っていますが、今週月曜日がその日でした。

人間のエゴイスティックな思考に固有の機能不全。その影響により、今は地球上の様々な生命の生存を脅かすような危機に瀕しています。 “私たちは今すぐに進化しなければならない” の続きを読む

より良い世の中に変えていく第一歩「 チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」(2017年12月)

私たち一人ひとりに世界を変えるためにできることが必ずあります。未来は変えられます。自分たちにできることを一緒に考えましょう。

未来志向で社会を考える

あなたの目には、今の世の中がどのように見えていますか?

先人たちの多大な努力と創意工夫により、私たちはとても便利で、豊かなモノに囲まれた時代に生きています。

これはとてもありがたいことですよね。

一方で、こんなことを感じている人もいるでしょう。

  • 多くのモノ・資源・エネルギーを消費し、環境に過度に負担をかけている。
  • 追い立てられるようにスピードや効率化を求められ、ストレスを感じることが多い。
  • 強い者・持てる者に有利な社会であり、格差が広がっている。

“より良い世の中に変えていく第一歩「 チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」(2017年12月)” の続きを読む