地球が壊れる前に

Youtubeで11月8日(火)14:00までの期間限定で公開されている映像がある。

アカデミー賞俳優であり国連平和大使であるレオナルド・ディカプリオの2年間にわたる旅を記録したものであり、気候変動が絶滅に瀕した生物や生態系などにどんな影響を及ぼすかを扱っている。

地球が壊れる前に

ナショナル ジオグラフィック チャンネルの番組の一つでもある。
http://www.ngcjapan.com/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2058

地球温暖化によって生態系が破壊され、人間も含めた生物種の存続の危機について取り扱っている映像である。

化石燃料の使用や森林の焼失、家畜の飼育などによる二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの発生。

それによる地球温暖化。

北極・南極の氷の消失、海水面の上昇、異常気象の発生、それらの私たちへの影響。

今まさに危機的状況にあることを訴える内容である。

多くの人に見てほしい。

そして、意識が変わる人が多くいるといてほしい。

この世界の危機は、私たちが創り出したものです。

限りない経済発展を求め、そのために必要以上の消費を求め、行っています。

それによって多くのエネルギーや資源を使用し、環境を破壊しています。

そろそろ一人ひとりが意識を変え、自分自身に問いかけるときではないでしょうか?

何が本当に大切で、何が本当に必要か?

きっとそれは今の世界を創り出している過度の欲望や虚栄ではないでしょう。

この世界は私たちが創り出したものであり、だから私たちによって変えられます。

私たちは既に十分に持っています。

今日は「地球が壊れる前に」という映像を知り、それを見て、改めてそう思う日でした。

コメントを残す