世界を癒す才能

今日は山梨での生活をスタートして3日目。

コーチングをしながら、時間が空いたときには畑仕事の手伝いや書籍を読んで身を修めていく生活です。

今日も昨日に引き続き、一般システム理論・仏教学者で社会活動家でもあるジョアンナ・メイシーさんが書かれた「世界は恋人 世界はわたし」を読んでいます。

今日は、「精神世界と社会運動の融合」という章です。

大量消費社会、環境破壊、貧富の2極化、テロ・紛争の頻発、身近なところでの凄惨な事件の多発など、心痛めることが多い世界。

その世界を変え、癒していくためには一人ひとりの精神性を高めていくことが重要と僕は考えています。

世界的にも国連が世界の精神的指導者を招いて議論したり、米マサチューセッツ工科大学(MIT)でもダライ・ラマ14世をお招きして精神性の研究をしたりと、精神性が重視されてきているようです。

この章では、私たち一人ひとりの精神を癒し、そして社会を癒すために身近にできることとして、4つの瞑想(死の瞑想/慈愛の瞑想/めぐる呼吸/功徳の玉/見つめあい)が紹介されている。

この中には、集団の中の関係性を正しくしていくシステム・コーチングを学んだときに体験した瞑想や、「アクティブ・ホープ」という同じくジョアンナ・メイシーさんが書かれた本を読んだときに出てきた瞑想もありました。

いずれも仏教の伝統的な瞑想をもとにしたものですが、体験するごとに体験が深まります。

みなさまもぜひお試しください。お声掛けいただければ瞑想への誘導をしますので。

この章についてはこの一文もぜひ紹介したいところ。章の最後の一文です。

この人の中に、世界を癒す才能が宿っている。この人の中に、生きとし生けるものに喜びをもたらす力がある。

「世界は恋人 世界はわたし」より

日々出会う人をこんな風に観ていけば、世界は優しく、喜びにあふれたものになるでしょう。

そして午後からは柿の収穫です。

実家で10年くらい前から育ててきましたが、なかなか実らなかった柿が、今年はたくさん実っていました。
柿の収穫

こんな感じでたわわに実っています。
柿の収穫

渋柿です。干し柿にするために、吊るせるようにT字型に枝を残して収穫します。
柿の収穫

父と二人、1時間半ほどでこれだけ獲ってきました。
柿の収穫

渋柿なので渋味成分のシブオール(タンニン)が水溶性で残っています。そのまま食べたら渋いはずですが、木に実ったまま赤く熟した実は、渋味は無く、とても甘く柔らかく美味しかったです^_^

柿に含まれるビタミンCの量は、日本でよく食べられる果物の中でトップクラスで、風邪予防や美肌効果に期待できるそうです。

柿は、「人を癒す才能」を持った果物ですね。

まだまだたくさん実っているので、明日以降も時間があるときに収穫です。そのうち干し柿づくりもするでしょう。

その様子もブログに載せますね。お楽しみにー

コメントを残す