7つの習慣 -成功には原則があった!-

成功するための原則・習慣を紹介しています。これらはリーダー、管理者・マネジメント層、経営者といったビジネスパーソンに限らず、自分の人生を充実したものにしたい、後悔の無いように生きていきたいと願う多くの人にとっても大いに参考になります。

この7つの習慣の本でいうリーダーシップは正しい事をすること、マネジメントは物事を正しく行うことです。リーダーは進む道を決め、マネージャーは効率よくその道を進める。

人は誰しも自分の中に人生の目的を実現していくために役立つ、リーダーとしてのリーダーシップ、マネージャーとしてのマネジメント能力を持っています。複数の人が集まっている組織であれば、複数名のリーダーシップやマネジメント能力を組み合わせて組織の基本理念、ミッション、ビジョンの実現に役立てることができます。

この本をご覧頂き、企業においては、改革・イノベーションが実現され、価値創造に繋がること、個人においては人生の転機やライフスタイルの変化につながることを期待したいと思います。

7つの習慣
(1) 主体性を発揮する
(2) 目的を持って始める
(3) 重要事項を優先する
(4) Win-Winを考える
(5) 理解してから理解される
(6) 相乗効果を発揮する
(7) 刃を研ぐ

また、戒めとして、
(1)人は誰しも、自分は客観的だと考え、自分こそ世界をあるがままに見ていると思っている。
他人は枝葉末節に埋もれており、自分だけは大所高所から状況を把握していると思い込んでいる。

(2)休暇の取りすぎ、娯楽時間の取りすぎなどは、徐々にその人の人生そのものを浪費していく。

といったことも書かれています。

基本の徹底、日々の習慣の見直しが成功に繋がるということを知らせてくれる内容です。

▼この本の詳細はコチラ(Amazonへのリンク)
7つの習慣―成功には原則があった!

コメントを残す