ビジョナリー・カンパニー  時代を超える生存の法則

ビジョナリー・カンパニーとは、ビジョンを持っている企業、未来志向の企業、先見的な企業であり、業界で卓越した企業、同業他社の間で広く尊敬を集め、大きなインパクトを世間に与え続けてきた企業のこと。

ビジョナリー・カンパニーとは、カリスマ性のある指導者、優れたビジョンを持った指導者、先見的な商品やサービスなどの素晴らしいアイデアを持った組織のことではなく、商品のライフサイクルや特定の指導者の活躍できる期間を超えて繁栄し続ける組織のこと。

そうした時代を超えて生存している企業の法則について書かれている本です。

基本理念・経営理念の大切さ、理念を掲げるだけではなくその実現を目指すことの大切さ、大きな目標を持つことの大切さ、組織としての仕組みを作ることの大切さ、会社のベクトルを合わせることの大切さ、トライ&エラーを繰り返しながら進歩していくこと、現状に満足しないことの大切さなど、さまざまな大切さを教えてくれます。

これらは企業だけではなく、世の中にある様々な組織においてもご参考になることが多々あります。
また、組織においては基本理念、ミッション、ビジョン、行動指針などと呼ばれるもの、人においては人生の目的などの大切さを深く考えさせられます。

是非、ご一読ください。

▼この本の詳細はコチラ(Amazonへのリンク)
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

コメントを残す