帰省を終えました。東京でいろいろと進めましょう。

帰省最終日。山梨もよく晴れた一日でした。よく晴れると家の近くから富士山の山頂が見えます。なんとなく嬉しいものですね。

そんな良く晴れた一日。午前中は梅畑の草刈りでした。父がトラクターで樹と樹の間の草を取りながら土を耕し、僕は草刈り機で梅の樹の根元の草を刈り取りました。使い慣れていない草刈り機。ちょっとしたハプニングもありましたが、徐々に慣れていくものですね。

その後、里芋周りの草を手で引き抜いて、帰省期間中の畑仕事を終えました。

最後はご褒美にきゅうり、とうもろこしを収穫して、東京への持って帰ってきました。一人で食べるには多めなので、きゅうりは塩もみし、とうもろこしは茹でて冷凍しておきました。明日から大事に食べますね。

東京に戻る電車の中では、前に読んだ「源泉 知を創造するリーダーシップ」を改めて読み始めました。じっくりと読み、1回目にはよくわからなかったことも味わいました。こういう時間も好きですね。

それにしても、田舎から東京に戻ってくると空気感が変わりますね。忙しく、情報量が多く、いろいろと刺激されることがありますね。僕には田舎の方の空気感が好きですね。

戻ってきたら早速たまったメールやFacebookに目を通し、進行中のプロジェクトに追いついて、明日からまたそれらを進めます。関わっているのはやりたいプロジェクトなので楽しんで進めますね。

それとともに、今の自分が望んでいる田舎への引っ越しに向けても少しずつ話を進めていきます。順調に話が進むかどうかはわかりませんが、その過程も楽しみます。

東京一極集中や自然と離れた生活から、まずは自分自身が脱却していきますね。

コメントを残す