第5回働く人のためのコーチング体験会 in 吉祥寺

最近、よく耳にする「コーチング」。
今、注目されているけれど一体どんなものなんだろう、わからないけど気になる、という方も多いのではないでしょうか。

興味をもっているすべてのあなたへ、コーチングを手軽に体験できるチャンスです。
質の高いコーチ陣があなたの可能性を信じ、心に耳を傾け、あなたの中にある答えを引き出します。
答えが明確になると、気持ちに素直になれたり、次の行動ができたり、様々な変化が起きます。

今回は専門トレーニングを受けたプロ・コーチ3名から15分間のショートコーチングを計3回受ける体験会です。コーチングを受けてみての感想や意見交換、質疑応答コーナーもあります。

ご好評をいただき、「働く人のためのコーチング体験会」は、第5回目を迎えることになりました!
開催場所は、吉祥寺。隣接している井の頭公園も、緑の気持ちいい時期です。

ぜひこの機会に自分にとって「働く」とは何なのかを深め、「働く」をより充実させるために、コーチと一緒に歩みませんか?

どんな人を対象にしているの?

  • 上司や部下、同僚との関係を良くして仕事をスムーズに進めたい人。
  • 自社の業績、従業員のやる気、職場の雰囲気を高めたい人。
  • 仕事も家庭も忙しすぎて疲れているが、なかなか周りに相談する人がいない人。
  • このまま今の仕事を続けていいのか、漠然とした不安を感じる人。
  • 今の自分のキャリアに満足しておらず、キャリアチェンジを考えている人。
  • 望んでいるワークライフバランスが実現できていない人。
  • 結婚や出産などのライフイベントとキャリアの間で迷っている人。
  • 自分を大切にしながら、いきいきと働きたい人。

    これまでの参加者の感想

    • 15分×3人のコーチという限られた時間でしたが、1つのテーマで3人のコーチとお話しできたことで、自分でも予想外の深いレベルでの気づきがあり、本当に有益でした。(女性)
    • もやもやが、ほぐれたこと。(ONとOFFがわかる。2016年の自分。子どもとの接し方) (男性)
    • 新しい心のリフレッシュ方法を見つけられたこと。(男性)
    • 気にしすぎていた事に気づけて良かった。(男性)
    • コーチングについて、無知の状態であったが、とても楽しい時間であった。 特に他者との向き合いではなく、自分との向き合いを大事にしたいと思った。(男性)
    • 同僚にすすめられて参加したが、とても良い体験であった。コーチングの効果を聞くだけでも参考になった(無邪気になった、家族ができた等) (男性)
    • 3回とも笑顔で終わることができて、「テーマ」と明るい気持ちで向き合えるようになりました。「多摩」で開催するのは、ぜひ続けていただけるとうれしいです。(女性)

     

    ここがオススメ!

    ① コーチ陣は、専門トレーニングを受けて認められたプロであるCPCC認定者(*1)
    ② コーチ8名から、自分が希望するコーチを選択して、サンプル・コーチングを計3回受けられる!
    ③ 参加者同士で感想を共有することで理解を深められる!
     

    実施要項

    【日 程】平成28年 5月21日(土)
    【時 間】午後 1時30分 ~ 午後4時30分(午後1時15分開場)
    【定 員】10名
    【場 所】武蔵野市立武蔵野商工会館5階 第一会議室
          東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7
    【参加費】3,000円(税込)
    【主催者】最幸のたまり場(木越 省吾 林 美輪)
    【お申し込み】
      こくちーずからお申し込みください
      http://www.kokuchpro.com/event/tmc1605/
    【お問い合わせ】
     e-mail : tama.coaching@igmail.com
     コーチング体験会事務局(担当:木越・林)

    プロ・コーチ紹介

    木越 省吾(きごし しょうご)

    製薬会社に長年勤務し、営業職をスタートに営業現場のマネジャーを経験した後、本社人事部では後継者育成プログラム運営などに携わり、マネジャーや次世代リーダーの社内コーチをしてきました。昨年60歳で定年退職し、「いろんなひとが笑顔にあふれ、幸せを感じる世の中にしたい」想いで、ひとがイキイキとするコーアクティブ・コーチングや組織開発につながるシステムコーチングしてゆくことを生き甲斐にしています。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)
      

    林美輪(りん みりゅん)

    6年半の広告代理店勤務を経て、2015年夏に退職。コーチングに出会い、自分の素直な声に応えて生きることを選択する。現在は自分にピッタリな働き方を模索しながらプロコーチとして活動中。面白いことと、パンが大好き。言葉で心に語りかけ、深い海の底に一緒にもぐるように人と関わりたいと思っています。コーチングセッションによる人との関わり方に毎回感動中。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)
     

    今西 正和(いまにし まさかず)

    メーカーと教育出版企業で27年間勤務した後、2013年にコーチとして独立。会社員時代は、経営企画スタッフとして仕事をしていた時に、トップの指示によりボトムアップで中期事業計画を作成しました。その時、コーチングを生かして、部員一人ひとりの「仕事に対する想いや願い」を引き出すことを大切にしていました。現在は、「一人ひとりが自分らしく、より良く生きること」を願ってコーチングを行っています。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)
     

    石原夏子(いしはら なつこ)

    16年のコンサルティング会社勤務を経て、プロコーチ。クライアントさんの本来の輝きが解き放たれる瞬間に、コーチとして立ち会えることが無上の喜びです。コーチングは、人の心と向き合う尊いプロセス。大胆さと繊細さの両方が必要との信条から、心理学、脳科学、身体アプローチまで幅広く学ぶことを心がけています。踊っていればご機嫌なダンス好き。一女の母。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)
     

    植田裕子(うえだ ゆうこ)

    食品会社に長年勤め、育児休職を取り二人の息子を育てる。2003年にコーチングに出会い、自分の心の声を聴いて生きていなかったことに衝撃を受ける。「人が自分の可能性に目覚めて生きる」素晴らしさに触れ、コーチになることを決意し、2004年退職。かつての自分と同じように組織で働く人を応援している。さらに、学校の先生や大学生という若い世代を育むところにも想いがある。
    PCC(ICF認定資格プロフェッショナル・サーティファイド・コーチ)
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ

    風晴 惠一(かぜはれ けいいち)

    ソフトウェア開発エンジニア兼プロコーチ兼ワークショップデザイナー。自分であることを意識し行動に繋げていくことの大切さに気づき、それをコーチングを通して伝えたいと奮闘中。また、身近な関係性を見つめる家族関係コーチングにも力を入れています。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)

    小泉 正信(こいずみ まさのぶ)

    人事関連のITエンジニアから経営コンサルタントを経て、現在は、プロ・コーチとして活動中。コーチングを通じて、分かち合う社会、一人ひとりの多様性や内面が尊重され、生きやすい世界になっていくことを目指しています。基本は真面目ですが、磯野家のカツオ君のような一面も。新緑の季節に皆様にお会いできることを楽しみにしています。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)

    徳田 良治(とくだ りょうじ)

    図書館へ本を売る企業に勤務。2005年にコーアクティブ・コーチングに衝撃を受ける。「気軽にコーチングを知ってもらいたい」と「カフェdeコーチング」を活動中。現在は生まれ育った多摩地域でのコーチング普及も。その人らしく納得して生ききる世界を目指してコーチングしています。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)

    三浦 伸子(みうら のぶこ)

    2010年より人の可能性が最大限に輝くよう効果的にサポートするための手法であるコーアクティブ・コーチングを基にしたプロコーチとして活動。その他、プロコーチ養成、リーダーシップ開発、企業研修講師、ワークショップデザイン&ファシリテーターとして人や組織の幸せな未来のための活動を中心に行っている。茶道裏千家専任講師。15年以上のMC・ナレーター経験。
    CPCC(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)
     
     


    *1 CPCCとは、米国CTI認定プロフェショナル・コーアクティブ® コーチの略称です。コーアクティブ®はCTIジャパンの登録商標です。

  • コメントを残す