さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

さとりとは、苦しみの終わりである。

ブッダはこう述べられたそうです。

 
 
「さとり」は聖人君子のみが達することのできる超人的な心境ではなく、苦しむことを終えること。

心の平安を手に入れることです。
 
 
心の平安とは、何かを手に入れたり、何かを成し遂げたりして得られる幸福ではありません。

感情を無くすということでもありません。

最近Googleの社内研修にも取り入れられて注目されている「マインドフルネス」と同じものだと思っています。

それはまるで深く透き通った湖の底のような状態。

表面は風や雨で一時的にざわめくことはあっても、深いところでは常に穏やかにある。
 
 
この本では、人生の苦しみ、感情の痛み、思考、ほんとうの自分などについて説明し、心の平安を取り戻すことが書かれています。
 
 
原書のタイトルは「The Power of NOW A Guide to Spiritual Enlightenment」。

ぜひ、いまに在ることの意義をお試しください。
 
 

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

コメントを残す