CPCC試験を終えて。

12/3(水)のことですが、これまでの学びの過程において一つの区切りとなるCPCC試験を受験しました。

CPCC試験とは、Certified Professional Co-Active Coach の略。

コーチ養成機関であるCTIジャパンのプロコーチ認定です。

この試験を受けるまでに、足かけ2年。2.5日の基礎コース、3日×4の応用コース、そして6ヶ月にわたる上級コースを受講してきました。

それに加えて100時間以上の有料コーチングの実践経験も求められます。

いやー、我ながらよく頑張ったと思います。

時間、やる気、お金、リスクに向かう勇気と様々なものをつぎ込んでまいりました。

人生の中で忘れられない出来事もたくさんありました。

コーチとしてだけではなく、人間としてもいろいろと学んだ期間でした。

そんな期間を経て迎えたCPCC試験。内容は実技試験。

直前はやっぱり緊張もしました。

思いっきりやること、自分らしく在ること、自分の幅を広げてクライアントに関わること、クライアントを信じること、結果を手放すこと、クライアントとの協働関係を組むことなどを心に刻みながら試験に臨みました。

直前に受けたコーアクティブ・リーダーシップ・プログラムも役に立ちました。

終わって振り返れば反省点は多々ありますが、スッキリしています。

それとともに出てきたことはこれまで関わった方への感謝の念ですね。

結果が出るのは12月の中旬頃でしょう。

合否に関わらず、素直にその結果を受け入れられる気がします。

結果がわかったところで、これまで関わってくださった方に結果とともに御礼を伝えたいと思います。

ああ、結果が待ち遠しい。

コメントを残す