過去の過ちを悔い改めた人は、・・・

過去の過ちを悔い改めた人は、すでに生まれ変わっているのです。いつまでも責めることは、無実の人を責めることと一緒です。 (ジョセフ・マーフィー)

 
 
どうでしょう?

過去の過ちを悔い改めた人にどのように接していますか?

他人であれば、いつまでも責め続けることはないかもしれません。
 
 
では、自分自身の場合はどうでしょうか?
 
「なんであんなことをしてしまったのか」と自分を責め続けていませんか?
 
 
でも、それは悔い改めた無実の人を責めているのではないでしょうか。
  
 
きっとご本人にとってとても大事なことだったんでしょう。

簡単に許せることではないのでしょう。
 
 
人はよく、変えられない過去に縛られたり、不確定な未来への不安に囚われたりしてしまいがちです。

そして、今を生きることを見失ったり、可能性を狭めてしまったりしてしまいます。
 
 
理屈ではなく、気持ちや感情といった心の世界で起きていることです。
 
 
私が行っているコーチングでは、頭で考えることに加えて、気持ちや感情といった心で感じる部分も大切に接していきます。

そして、その人が自分を許し、新たな人生を歩み始めるように関わっています。
 
 
全てはその人の幸せのために。

コメントを残す