あなたは、あなたであればいい

あなたは、あなたであればいい。

マザー・テレサの言葉です。

誰もがこれまでの見てきたことや他人に言われてきたことを知らず知らずに気にして、自分自身に無理をしてしまいがち。

ときにはそれが自分自身をとても苦しめてしまうこともあります。自分を責めてしまうこともあります。

生まれたばかりの頃はまぎれもなく自分であったはずの私たちは、成長するにつれて社会の仕組みの中で自己制限的になり、他人の夢に従い自分以外の人生を生きるようになったり、自分自身で自分を裁き罰するようになっています。

本当は、あなたがあなたであるときに一番魅力的であり、あなた自身も充実した時間を過ごしているはずです。

自分以外の言葉に惑わされずに、あなた自身を大切に生きることがどんなに素晴らしいことか。

もしそれを忘れてしまっていたら、自分が大切にしている信念や価値観を自覚したり、自分の人生の目的を明確にしたりしてみてください。自己制限的な思い込みを手放してください。抑え込んだり、目を背けている出来事や感情と向き合ってみてください。

その先には、本当のあなた自身がいて、もっと生き生きと人生を楽しんでいるあなたがいるはずです。

私はコーチングでそんな自分の人生を生きる人の力になりたいと願っています。

コメントを残す