真摯に耳を傾け、なんの決めつけもせず、・・・

何かをいったとき、誰かがそれに真摯に耳を傾け、なんの決めつけもせず、責任を背負い込もうとせず、型に押し込もうともせずに聞いてくれたら、じつにいい気分になる。誰かが耳を傾け聞いてくれると、わたしは自分の世界を新しくとらえ直し、先に進むことができる。

アメリカ合衆国の臨床心理学者 カール・ロジャースさんの言葉です。

まさにコーチングを受けることによって得られる効果と一緒ですね。

あなたのまわりには、あなたの言葉に真摯に耳を傾けてくれる人はいますか?

何の決めつけもせずに話を聞いてくれる人はいますか?

あなたに達成する力、解決する力があると信じて、あなたが持つべき責任を背負いこもうとせずに話を聞いてくれる人はいますか?

型に押し込もうとせず、過去の成功体験にとらわれず、評価判断をせずに話を聞いてくれる人はいますか?

そうした人間関係が身近にあるだけで、あなたは世界を新しくとらえ直し、先に進むことができます。そうした人間関係は、あなたがもともと持っている力を発揮することをサポートしてくれます。

例えば、理不尽な上司、動かない部下、わがままな取引先などの困難な人間関係や無力な自分がいたとします。そうしたときも、自分が思っていること、感じていることを、正しいとか間違っているとか決めつけず評価判断無く耳を傾けて聞いてくれる人がいると、自分の中で堂々巡りしていたことも新たな考えが浮かび、前に進む力が生まれてくることが多々あります。

ぜひコーチングを受けて、こうした体験をしてみてくださいね。

コメントを残す