コーチングの感想(40代男性/会社役員)

どうしてコーチングを受けようと思ったのですか?

 社長からの話(紹介)がありました。会社からの費用援助があったのが魅力でした。自費では受ける気にならなかったと思います。
 

受ける前のコーチングへの印象はどうでしたか?

 お金を出してまでの意味があるのかな?お金と時間の無駄になるのでは?などの疑問はありました。一方で気分転換になればよいかなとの期待もありました。あとは「何を”してくれる”のかな?」という受け身の気持ちもありました。
 

コーチングを受けてみてどうでしたか?

 十分に意味があると思う。自分だけであれば、考えるきっかけはなかった。誰かと話して考えるきっかけがあったとしても、考える切り口や手法(体を動かしたり、実際に角度を変えて物をみたり)は 浮かばないと思う。
 

コーチングを受けたことによってどうなりましたか?

 毎日考える(思い出す)ようになった(数分ですが)。それによって気分転換(リフレッシュ)されて、以前よりも気持が落ち着いていると自分では思っています。自分が喜べれば幸せになると思います。
 

どんな人にコーチングを薦めたいですか?

 目標がない。目標があるが、いまひとつ前に進めていない。壁にぶつかっている人(軽度。病ではない人)。
 


 
この感想は、クライアントご本人と会社のご了承を得て掲載しております。ご協力ありがとうございました。
 
なお、ご興味がある方へは無料体験コーチングを提供しておりますので、無料体験コーチングお申し込みページからお問い合わせください。

経営者・リーダー・マネージャーからのご相談については、コチラをご覧ください。 >> リーダーシップ/マネジメント・コーチング

コメントを残す