川下り的人生観

梅雨入りしたと思ったら、今日はよく晴れた暑い日。

たまに無農薬とか有機農法をしていると思われることがありますが、今は農薬も化学肥料も使ってます。

今日は田んぼにノビエ用の除草剤を撒いてました。

雑草の魂はやはり強く、よく生えてきますし、よく育ちます。

最近読んでいる本は「本当の自分を生きる」。

僕の人生に大きな影響を与えてくれたコーアクティブ・コーチングを日本に紹介した方が書かれた本です。

その本の中に「川下り的人生観」が紹介されています。

最初は細い小川で、徐々に他の小川や支流と合流し、統合されて太く、大きな川になっていく。

川に流れ込んでくる支流が人生における一つ一つの経験であり、それら経験が増えていくことで川は太く、大きくなり、新たな川になっていく。

そして、太く、大きくなることは可能性が増えていくことでもある。

そんな人生観です。

けっこう気に入ったので、夜に知り合いと長電話したときに紹介したところ、好評でした。

こうした人生観でご自身の人生を想うとどんな感じでしょう?

未来は明るいですね。