どういう社会を目指すのか?夢を共有することが重要

今日は「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」というより良い世界を未来に受け渡していくためのプログラムを主催しました。

ZoomというWeb会議室アプリを使って、インターネット上での開催です。

ありがたいことに信頼できる知人に勧められて参加したという方がいまして、その方の感想を同意を得ているので紹介します。


◆ 満足度(10点満点中)
9点

◆ 気づきや変化
問題を抱えている社会を良くしていくには、行動以前に、どういう社会を目指すのか?夢を共有することが重要だと改めて感じた。

◆ 次のアクション
同じ思いの多くの人と出会い、情報や情熱の交換を積極的にする。

◆ 良かった点
同じ思いの人が多数いて、つながりを持って新しい時代を作っていっているのだという実感が持てた。

◆ 気になった点、改善点
声の音量と映像の音量にギャップを感じました。( 声 < 映像の音量)
また、映像の時のカーソルの位置も考慮した方が良いです。
この些細なこと以外、全てが順調、快適でした。

◆ 自由感想
インターネット技術を使って、遠距離の人ともコミュニケーションがとれる時代だと改めて思いました。機械通訳などの新しい技術も使える様になれば、全世界の人が気軽に対話して想いを共有することも夢ではない時代です。人類が新しいステージに入ったのだと感じました。


問題に焦点を当てるばかりでは、真に望む世界は実現しづらいもの。

まさにこの参加者がおっしゃっているように、急いで問題を解決する行動をとるだけではなくそれ以前に自分たちがどう在るかを深く問い、夢を共有することが大切です。

このチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム(英語名:Awakening the Dreamer)は、世界の数十ヶ国で数千人のボランティアによって草の根活動的に開催されています。

本来は実際に集まって、動画の視聴や参加者同士の対話に加え、体感型ワークを織り交ぜながら進めていくプログラムなので、山梨でのネットワークを広めながら実際に集まって行う機会も作りたいと思います。

みなさまもよかったら身近なところで開催されているシンポジウムにご参加ください。

▼ チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム 日程&お申し込み
http://changethedream.jp/schedule/