じゃがいもの土寄せ

こどもの日の今日。

野菜を我が子のように育てています。

午前中は、ゴールデンウィークで帰省中の兄にも手伝ってもらい、3月末に植えたじゃがいもの土寄せ。

じゃがいもは日光に当たると、表面が緑色になり、ソラニンという毒素もできてしまいます。

そのため、じゃがいもが地表に出ないように、鍬や立ち鉋を使って茎の周りに土を寄せます。
じゃがいの土寄せ

午前中をかけて、この畑の土寄せを終えました。
土寄せしたじゃがいも畑

お昼ご飯まで少し時間があったので、お墓の草取りも。
スギナが生い茂っていたので、とりあえず抜いてきました。
地下茎が残っているでしょうから、あとで改めて対策をしないとね。

あと、帰省中の姉の要望に応えて、とうがらしも作ってみることに。

種から育てたら量が多くなりすぎるので、苗を3本だけ買ってきて。
とうがらしの苗

畑の片隅に植えておきます。
とうがらし

6月下旬ごろには赤々とした実が生るはず。

ちょうどその頃に東京に行く予定があるので、ちょうどいい手土産になるはず。

そうそう、先週日曜日に種をまいたブロッコリーが発芽しました。

1mm程度の球状の種が水と熱と地中の養分で5日ほどでこうなります。
発芽したブロッコリー

ちょっと遅めですが、オクラとししとうも種をまきました。

夏の収穫が楽しみですね♪