諏訪神社春の例祭と蚕霊大神式典

タイトルを見ると何のことと思われるかもしれませんが、諏訪神社春の例祭と蚕霊大神式典とは住んでいる地区で毎年恒例の春の式典です。

場所は、家から徒歩5分くらいの近くの神社。

諏訪神社

そこに地域住民が集まって、これから農繁期を迎えるにあたって神様にお参りをしました。

五穀豊穣 無病息災 家内安全など。

今年の参加者約20名くらい。

このあたりの部落が発生した当時に勧請した諏訪明神を祀る神社で神様と蚕霊様へ感謝と祈りを捧げます。

昔はこのあたりは養蚕が盛んで、我が家でも僕が大学生の頃まではお蚕さんを育てていました。

結構な重労働だったのと繭玉の価格が下落したので、いまでは養蚕をしている家は見られませんが、それでも毎年続けています。

神様のお助けがどれくらいあるかは僕には定かではありませんが、こうして感謝の気持ちを持つことと、お祈りを捧げることで心と精神を整えることは、自分自身に良い影響を与えることは直感的に分かります。

忙しさ、やることの多さに忙殺されがちな今の時代において、わずかな時間でも心と精神を整えることは大切ですね。

祓え給い 清め給え 幸え給え

みなさまにも 五穀豊穣 商売繁盛 無病息災 家内安全 といったご加護・ご利益がありますように。

コメントを残す